家族の遺品を整理していたら大量のビデオテープが出てきた…。

それも思い出のビデオテープだったり

することってありますよね。

そのまま保管しておくにしても、

ビデオデッキの国内生産が終了しているので、

ビデオテープを再生することは難しくなっています。

いっそDVDにダビングしてみるのはいかがでしょうか。

 

再生デッキがあっても修理はほとんどできない

現在、きちんと稼働するビデオデッキを所持していたとしても、

壊れてしまったら修理は極めて難しくなります。

ビデオデッキの国内生産が終了した理由は、

部品が手に入らなくなったからです。

そのため、故障したビデオデッキを修理してもらおうと持ち込んでも

部品がないために修理ができず、

対応してもらえないかもしれないのです。

 

ビデオテープは少しずつ劣化していく

ビデオテープは再生するごとに画質が徐々に劣化していくのを

ご存知ですか?

DVDなどのデジタル媒体と違い、

ビデオテープは何度も再生を繰り返すには向いていないのです。

DVDにダビングすることで、ビデオテープのときには気づかなった

ノイズに気づいてしまうことはあります。

しかし、なるべく劣化しないうちにダビングしてしまったほうが、

画質の保存状態を維持することができます。

 

DVDは場所を取らない

DVDにダビングすることの利点として、

保管スペースがコンパクトになることが挙げられます。

ビデオテープが大量にあればあるほど、

大きな本棚並のスペースが必要になりますよね^^

DVDなら大きな場所を取らないので、

空きスペースを活用することもできるのではないでしょうか。

 

ビクターのダビングサービスは手間がかからない

「それならDVDにダビングするぞ!」と思っても、

もし自分で全部DVDにダビングしようとすると、

相当手間がかかりますよね?

DVDデッキやビデオデッキを探してきて、

空き時間を見つけてはダビングの繰り返し…。

さすがにそれは大変なのではないでしょうか。

コスパに優れるビクターのダビングサービスは、

ネットでサービスの申込みをすればいいだけ。

必要事項を記入したら、ビデオをダンボールに入れて郵送します。

店舗を訪れる必要もなく、あとは待っているだけで

DVDにダビングしてもらえるのでとにかく楽なんです。

 

録画されていないものを送っても料金は発生しない

ビデオテープが大量にあった場合、

どんな内容が録画されているのか一つ一つ確認するのも正直面倒…。

「ちゃんと録画されているテープかな?」

なんて確認してから送ろうとしなくても、

録画されていないものについては料金は発生しないので、

安心して送れるのではないでしょうか。

▼クリックして詳細を確認する▼