VHSをDVDにダビング!ヤマダ電機でしてもらうことできる?

カメラのキタムラ、ヨドバシカメラ、ビックカメラ…、

ビデオテープをDVDにダビングサービスをしている電機屋さんはいろいろあります。

ヤマダ電機でも、ビデオテープのダビングサービスは、受け付けているのでしょうか?

ヤマダ電機でDVDにダビングしてもらえるかどうか調べてみました。

ヤマダ電機では業務委託?

ヤマダ電機でのダビングサービスは、

株式会社プラザクリエイトが「なんでもダビング」というサービスを行っています。

 

ヤマダ電機が直接サービスを行っているのではなく、

業務委託としてサービスを請け負っていると考えられます。

そのため、ヤマダ電機でダビングサービスを探すなら、

「なんでもダビング」について確認するのがいいでしょう。

サービスは他とだいたいいっしょ

では、そのサービス内容はどうなのでしょうか。

結論としては、

だいたい他といっしょ

 

例えば、ビデオテープの補修サービスや、

録画時間が長くて1枚のDVDには収まらなかった場合の対応、

仕上がったDVDの複製サービスなど、他の電機店とサービス内容を比較しても、

あまり大きな差は感じられません。

 

つまり、どこに行ったとしても、

ほぼ同じサービスを受けられるということです。

気になる料金は…?

サービスについて、

細かい部分まで見ていけば明確な違いはあるでしょうが、

「そこまで調べなくても別にいいや」って思いますよね^^

 

サービス内容であまり差がつかないのであれば、

料金で選びたいところではないでしょうか。

「料金もだいたい似ているんじゃないの?」

と思ったら、意外とそうでもなさそうです。

ビクターが安い

ダビングサービスのコスパに優れているビクターと簡単に料金比較してみました。

ヤマダ電機での「なんでもダビング」と、

ビクターのダビングサービスを比較した場合、

ビクターのほうが、細かく料金設定をしています。

 

ダビングする本数が多ければ多いほど、ビクターのほうが安上がりです。

例えば、両者のサイトを元にVHSテープ100本の料金を計算してみると、

なんでもダビング…100本88,200円

ビクター…100本77,000円

 

その差、約1万円!

けっこう開きがあるのでないでしょうか。

 

もちろん、この差額は100本で見積もりした場合なので、

本数が少なければ差額ももっと小さくなります。

が、大抵の場合ビクターだと料金が安く済む

と言えそうです。

 

ただ、なんでもダビングは200本以上にも対応可能で、

ビクターは101本からは問い合わせとなっています。

 

ダビングしてほしい本数があまりにも多いときは、

なんでもダビングのほうがが向いているかもしれませんね。

 

▼クリックして詳細を確認する▼

まずは公式サイトから詳細をチェックしてみてください!

ご覧いただきまして、ありがとうございました。