ビデオのDVDダビングで、安い方法を検証してみた。

思い出の詰まったビデオテープ。

劣化が激しくなる前に、DVDにダビングしようと思ったものの大量(汗)。

どれくらいの時間がかかるのかと頭を抱えて、そのままになる方も多いのではないですか?

楽にできて、安く済む方法ってないのか?」と、お困りの方に今回はおすすめの方法をご紹介します。

 

足を運ぶわりに高い

VHSをDVDにダビングしてくれるとところが見つかったら、まずVHSを持っていきます。

大量にあるのに一度に持っていくとなると、結構な重量になりますよね。

 

手間がかかるのに、意外に120分のVHS1本が2000円前後と、結構料金もするのです。

そして業務委託が多い為、時間もかかります。

 

大手家電量販も、そのような状況です。

>>ビデオテープのDVDダビングは、ビックカメラでできるの?!

>>ビデオテープのDVDダビングは、ヨドバシカメラでできるの?!

 

料金が幅広い

この記事をご覧の方は、もちろんビデオテープを発送するだけのダビングサービスも、ご存知でしょう。

しかし、値段が幅広く何が違うのかどこの業者がいいのかわからない。

そんな方も非常に多いと思います。

 

実際安いところでは300円前後で、高いところでは2500円前後します。

細かいオプションサービスが充実すればするほど、1本のダビングが高く設定されています。

付加価値があるがゆえなんですが、何が何やらわかりにくいのが本音。

 

安い理由

一見安くて早いと思ってるとそれは、音楽のダビングサービスであるためでした。

VHSからDVDのダビングになると、やはり1000円前後するのです。

300円前後のところはダビングのみで、盤面印刷やケースの印刷を取り扱いがない場合も。

 

1つのVHSを複数枚DVDにダビングするとなると、料金が跳ね上がってたりもします。

これだと結局トータルすると結構な値段になってしまいますね・・・。

 

やっぱり大手が無難です

できるだけ安く大事を思い出を保存したい。

安く抑えるには自分でやるのが1番だとわかっていても、なかなか時間は作れない。

 

だけど、VHSをDVDにダビングし省スペースに整理しちゃいませんか?

やはりダビングはお願いするべきだと思います。

そこで、もっともオススメする業者は、大手サイトのビクターです。

いろいろ比較検討しましたが、やっぱり大手!

もっともコスパもいいので、オススメです。

 

▼クリックして詳細を確認する▼


VHSをそのままにすると、きっとまた何年も経ってしまいます。

いつか・・・ではなく、いま!でしょう。

 

大切な思い出が、カビなどで劣化しないうちに、お早めに。

ご覧いただき、ありがとうございました。