今やスマホや高品質なデジカメが普及し、気軽にきれいな映像を記録できるようになりました。
しかしひと昔前までは映像は8mmビデオで録画するということが主流でした。

お子さんの運動会や、過去にいった旅行で撮影した8mmビデオがほったらかしになっている。
できれば自分でダビングしたいけれど忙しいし、機械が苦手で不安…。

そんな方も多いのではないでしょうか?

8mmビデオのまま放置しておくと画質や音声が劣化していき、最悪の場合再生できなくなってしまうということもあります。
そうなると、もし修復可能だったとしたとしても、費用や時間が大幅にかかってしまうことも。

大事な思い出が消えてしまう前に、以下を参考にして早めにDVDやブルーレイにダビングしておきましょう!

ダビングの方法はいくつかありますが、ここでは最も簡単で手軽な方法をご紹介します。

1. 8mmビデオをダビングする上での必要なもの

8mmビデオをダビングするために必須のもの下記の4点です。

・8mmビデオを再生することができるビデオデッキ
・ビデオキャプチャーボードが搭載されているパソコン
・パソコンにデータを送るためのケーブル式ビデオキャプチャ
・DVDあるいはブルーレイディスク

以上のものがあるか、あらかじめ確認しておきましょう。

2. ダビング手順

必要なものさえ揃っていれば、やり方は非常にシンプルです。

①ビデオデッキとパソコンをキャプチャケーブルで繋ぐ
②ビデオデッキに8mmビデオを入れて再生し、パソコンに取り込む
③パソコンに取り込んだ映像をDVDやブルーレイに書き込み、記録する

大まかな流れは以上となります。

3. ダビングをする上での注意点

現在では8mmビデオを再生できるデッキが入手しづらくなっています
また、ビデオデッキやキャプチャケーブルは品質により、画質が悪くなったり、音声が乱れたりといったトラブルが起こることもあるようです。

中古品を手に入れる場合や、新たに部品を購入する場合は、安価なものを避け動作確認をしっかりと行いましょう

キャプチャケーブルはUSB接続が可能なものを選ぶといいでしょう。
ケーブルだけで売られているものもありますが、取り込んでからのトラブルを避けるため、できれば専用のソフトが付属しているものがオススメです。

4. 必要な機械が足りない!そんな時は

ここまでの内容にて、ダビングに必要な機械やコードが全く足りておらず、揃えるのにかなり費用がかかるという人もいるかと思います。
確かに全て一から揃えるとなると、10数万円単位のお金が飛んでいくというケースもあるでしょう。

そんな場合は、プロのダビングサービス業者にお願いする方が安くつく可能性があります。
インターネットから申し込み、段ボールに梱包して送るだけでいいので、簡単で安心です。

忙しくてなかなか取りかかれないという方や、自分でやる自信がないという方にもオススメです!

▼クリックして詳細を確認する▼


>>DVDにダビングサービス