「ビデオテープをDVDにダビングするのに必要なものって何なの?」

「どんなデッキを使ったらいいの?」

そのように思う方はいらっしゃらないでしょうか。

基本的には、ビデオが再生できる機器と、

録画をするためにDVDを再生できるものが必要になります。

また、画質を気にするならなるべく上位モデルのビデオデッキにしたほうがいいでしょう。

ダビングに必要な機器はどんなものがあるかまとめてみました。

ビデオ・DVD一体型のデッキでダビング!

ビデオをDVDにダビングする方法として、比較的楽なのは、

ビデオとDVDが一体なったデッキを使うことでしょう。

ビデオ、DVDがそれぞれ別のデッキを使う場合に比べると、

コードの接続がシンプルであることと、

ビデオとDVDをセットしたらあとは大体ワンタッチ録画でダビングできたりと、

操作もわかりやすいです。

問題は、中古品を探すにしても少々値が張るかもしれないということです。

そのため、予算をなるべく抑えたい人にとっては、手が出しにくいかも…?

ビデオデッキとDVDデッキの二つを使ってダビング!

DVDデッキを所持しているのなら、

ビデオデッキと繋げることでダビングができます。

赤・白・黃のビデオコードをビデオデッキは出力に繋げ、

DVDデッキは入力に繋げます。

あとはビデオテープとDVDそれぞれをセットして、

ビデオを再生したらDVD側で録画を実行するだけです。

 

ビデオデッキはTBC機能を搭載しているものや、

S端子接続のできるS-VHSビデオデッキを選ぶことで、

画質をある程度向上させることはできます。

ダビングしたものの、画質が気になるという場合は、

チェックしてみましょう。

ビデオキャプチャを使う!

ビデオデッキとPCを所持しているのであれば、

ビデオキャプチャを使ってPCに取り込んでしまうという手もあります。

テレビでDVDを鑑賞するのではなく、

PC画面に写して鑑賞する人にはこちらのほうが都合がいいかもしれません。

 

ここまでのダビング手段は、

「ビデオテープを再生できる環境である」という点で共通しています。

現在デッキを所持していない、あるいはデッキが壊れていて動かないなど、

ビデオテープが再生できないという場合はどうしたらいいのでしょうか。

ダビングサービスに頼んでみる!

自力でのダビングが難しければ、ダビングサービスに申し込んでみるのが

最も楽な方法かもしれません。

中でもビクターのダビングサービスがおすすめです。

コスパがいいだけでなく、わざわざ店舗を訪れなくても

ビデオの発送さえしてしまえばいいからです。

「ダビングする時間がなかなか取れない」という人にも

便利なサービスです。

 

▼クリックして詳細を確認する▼