結婚式での披露宴。

新郎新婦のプロフィールを紹介するには、

過去の思い出映像を使いたいものですよね。

昔の記録を引っ張り出したらビデオテープが出てきた…、

ということはありませんか?

ビデオデッキの国内生産が終了し、

だんだんとビデオデッキが使われなくなってきました。

そのため、ビデオテープを再生することが

ますます困難になってきています。

 

ビデオテープのまま再生し続けると…?

結婚式披露宴で、ビデオテープがそのまま使えたとしても一つ問題があります。

ビデオテープは再生するごとに画質が劣化してしまいます。

 

長らく保管するに連れ、最悪の場合ダビングしても

すでにまともに見られないほど画質が劣化してしまうことも。

丁寧に保管している限り、

そこまでになってしまうことはまずないでしょう。

 

しかし、できるかぎり早いうちにダビングしてしまったほうが、

画質の劣化を食い止めるができます。

最もデジタル媒体に記録することで、

ビデオテープのときでは気づかなった画像の荒れに

気づいてしまうというケースも。

 

しかし、ビデオテープと違いDVDなどのデジタル媒体では

画像が劣化することはないので、

見え方が変化するということはありません。

 

披露宴での撮影を考えると…

また、これからの披露宴での撮影を考えると、

同じ記録媒体で保管しておきたくなる

のではないでしょうか。

 

もちろん、このときはDVDなど現在主流となっている媒体が

使われるでしょう。

同じ記録媒体で保管したほうが、いざ閲覧となったときに

手間がかかりませんよね。

 

DVDなら場所を取らない

DVDで保管したいことのメリットの一つに、

場所が節約できることがあります。

1冊の本並の大きさのあるビデオテープでは、

沢山あればあるほど本棚ぐらいのスペースが必要です。

その点、DVDにしてしまえばコンパクトな収納でスッキリ!

空きスペースも何か有効活用できるでしょう。

 

ちなみにDVDなどのディスクを保管するときは、

平積みにするより縦置きにするほうが

ディスクに負担がかかりにくいため、長持ちしやすくなります。

 

BDの場合、保存にCD・DVD用の不織布ケースを使うと

かえって寿命を縮めます。

BDはDVDよりも耐久性が弱いため、専用のケースを使いましょう。

 

DVDならバックアップも簡単

DVDで保管する場合、

大事なものはバックアップをしておきたくなりますよね。

パソコンさえ使えれば、DVDのバックアップを取ることは

比較的容易にできるものです。

これもDVDならではの魅力ではないでしょうか。

 

ダビングはビクターがおすすめ

もし、ダビングを自分でやろうとすると、

デッキなどの機材を用意したり何より時間と手間を

かけなくてはなりません。

ビデオテープがあればあるほど、

何日もかけてダビングすることになるのは明白です。

 

もっと楽にダビングできる方法は、

ダビングサービスの利用です。

中でもビクターはビデオテープ一つあたりのダビング料金が安く

コスパに優れたサービスを行っています。

店舗を訪れる必要もなく、インターネットで申し込んだら

後はダンボールに包んで、テープを発送するだけ。

申し込みと発送という二つの手間だけでいいので、

なかなか時間が取れないという方にもぴったりです。

▼クリックして詳細を確認する▼