ビデオをDVDにダビングする値段は?比較してみました。

最近は、ダビングサービスの需要が増えています。

確かにせっかくの大切な映像が、劣化などで見れなくなるのは、とても残念なことです。

 

個人でのダビングも可能。

ですが、機器を購入したり機器の相性だったりと、一概にカンタンとは言えないのも事実です。

 

ダビングサービスってそれぞれどんなサービスがあるのでしょうか?

今回は参考に比較してまとめてみます。

 

業者によってサービスも値段も様々

A社はパックサービスを用意

1本あたりの料金は約300円と安い印象のA社。

しかも、注文本数が多いと10本ごとに50円〜100円安くなるので大量で注文する場合はお得です。

 

ビデオテープは、経年でカビやテープ切れ等劣化してしまいます。

業者でダビングをすると、劣化の有無によって料金が発生してしまうのです。

 

こちらの業者は、1本972円とパックにすることで、サービスを利用しやすくなっています。

インデックスは無料で付き、トールケースにも入れてくれます。

 

B社はいらなくなったVHSを引き取り

ビデオテープ1本は1,130円ですが、上記と同じく10本ごとに値段が安く設定されています。

インデックスは無料で付けてくれていますが、スリムケースで発送されます。

 

ビデオテープの修理やクリーニングは各1,550円。

こちらの業者は、1本900円でダビング後のビデオテープを引き取ってくれます。

 

 

C社はキャンペーンで安い

キャンペーン中の今は、通常1,500円が10本以下580円、10本以上480円と安価です。

インデックスは映像ごとではなく、5分ごとに入れて届けてくれます。

 

ビデオテープのクリーニングは2,000円、修理は1,500円で可能になります。

綺麗な状態のビデオテープをお持ちの方は、安くでDVDにダビングすることができますね。

 

D社は店頭持ち込みだから安心

1本1,186円でA,B社と同じく、量が多くなるほど値段が安くなっていきます。

クリーニングは2,408円から3,612円と幅広い値段設定です。

 

D社は店頭にご自身で持ち込むという形態の業者です。

受付の際にビデオテープの状態を確認してくれるため、クリーニングの値段に差があるのですね。

すぐに受け取り可能かどうか判断してくれるので、後からがっかりということが回避できます。

 

もっともオススメは大手のビクター社

数社の値段を紹介してきましたが、やはり一番いいのはビクターです。

サイトで手続き後、ビデオテープを送っていただくだけ。

もっともカンタンに完了することができます。

 

またコスパが断然いいので、オススメです!

▼クリックして詳細を確認する▼

 

ぜひ、専門の業者にお任せして、大切な思い出を復活させてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。