ビデオデッキが2016年7月に販売終了しました。

それを受けて、家にあるビデオテープを全てDVDにダビングしようとしている方もいらっしゃるのでは?

DVDにダビングすることぐらい簡単だろうと思って取り掛かってみたら、「意外とトラブル続きになって、面倒になってしまった」ということはありませんか?

 

すんなりとダビングできればいいものの、場合によってはうまくダビングできないこともあります。

すぐに解決できれば問題ありませんが、こういうトラブルを解決するには大なり小なり時間がかかるもの。

なかなか解決できないとダビングするのがだんだんと嫌になってきてしまいますよね^^

結局、1日かかって何もできなかった…ということにもなりかねません。

 

困ったときのダビングサービス

自分でやってだめだったら、それができる人に任せてしまえばいい。

「とにかく、なんとかビデオテープをDVDにダビングしてほしい」という希望に応えてくれるのが、ダビングサービスです。

 

特におすすめしたいのがビクター。

自分のやることといえば、ネットでの申込み手続きと郵送のためにダンボールにビデオを梱包することだけ。

持ち込みが必要なところに比べると、持ち込みと回収の手間さえいりません。

様々なビデオの規格に対応しているので、「どのテープならダビングしてもらえるのか」とあれこれ悩むより、家にあるビデオテープを一つにまとめて梱包しても全く問題ないのです。

それに、ビクターでは本数に応じて、1本あたりのダビングの単価が安くなる仕組みになっています。

いっぺんにまとめて送ったほうが梱包作業が楽だし、料金もお得になるわけです。

 

テープが傷んでいたり、カビが生えていたとしても、気にする必要はありません。

個人で修復するのは困難かもしれませんが、そういうビデオテープも修復してくれるサービスがあるからです。

もう観ることできないと思って諦めていたものが、また観れるとなったら嬉しいものですよね^^

 

ダビングサービスに頼むと気持ちが楽になる

ダビングサービスで得られる一番いいことは、思い悩んでいる時間から開放されることです。

ダビングが遅々として進まないと、けっこうやきもきします。

気づかぬうちに貴重な時間を無駄にしてしまい、これが意外と尾を引いてしまうもの。

「今日は何もできなかった…」などと後になって意気消沈するより、応募することで心が楽になったりします。

 

今、ダビングが進まなくてやきもきしているという方は、ビクターのダビングサービスに応募してみてはいかがでしょうか。

悩んでいたことが嘘のように晴れるかもしれませんよ。

▼クリックして詳細を確認する▼