ビデオテープが傷んでいる…。

映像が記録されているテープがしわくちゃになっていたり、切れていたり…。

はたまたカビが生えていて、デッキで再生するまでもなく「これは何も映らないだろう」というテープの数々。

「これはもうだめだ!捨ててしまおう」

ちょっと待って下さい。

諦めるのはまだ早いかもしれません。

ビデオをDVDにダビングするサービスに申し込めば、テープを修復することでまだダビングできるかもしれないんです。

 

個人でビデオテープの修復は難しい?

ビデオデッキがちょっと故障した程度なら、すぐに直すことができる人は割といらっしゃるかもしれません。

しかし、カビが生えていたり、テープの切れを修復するとなると難しいのではないでしょうか。

こういう修復作業はめったに起きるようなものではなく、経験したことのない人のほうが大半でしょう。

たとえ、メカに強いお父さんでも「これはちょっと分野が違うな…」と感じるのでは?

そうなると、個人レベルでは手に負えないので、もう捨てるしかないと思うかもしれません。

ならば、専門家に任せてしまえばいいのです。

 

ダビングサービスなら修復してもらえる可能性

ビクターのビデオテープのダビングサービスでは、観ることはもはや不可能と思われる傷んだビデオテープでも、修復してもらえる可能性があります。

修復作業が必要な場合、予め連絡をもらえるという点でも安心です。

修理には別途料金がかかりますが、観ることが不可能であったビデオテープの内容がまた観れるとしたら、安いものではないでしょうか。

また、傷んでいないテープもあれば、一緒にダビングサービスに送ってしまったほうが単価が安くなります。

自分でダビングする手間も省けるので、楽になることは間違いありません。

 

ビクターに申し込むには

ビクターのダビングサービスは、インターネットで申し込みを済ませた後、ダビングしてほしいビデオテープをダンボールに入れて郵送するだけ。

手間らしい手間は、全くといっていいほどありません。

もし、傷んだビデオテープがなかったとしても、テープからDVDにダビングしておきたい理由があります。

DVDの記録はデジタル形式であるのに対し、ビデオテープはアナログ形式であるため、再生するごとに画質が劣化してしまうことです。

DVDなどのデジタル形式のものでは、媒体であるディスクが壊れない限り、映像が劣化することはないという強みがあります。

早めにDVDにダビングしておいたほうが、録画時の状況を保ちやすいと言えるのです。

壊れてしまったビデオテープを捨てる前に、一度ダビングサービスに相談してみてはいかがでしょうか。

▼クリックして詳細を確認する▼