個人で撮影したDVD。

せっかく親や知人に見せてあげようとしたら知人宅にはDVDデッキが、ない!

そこでDVDからVHS(ビデオテープ)にダビングをしようと思ったことはないでしょうか。

今やDVDやブルーレイが中心となっていますが、それでもまだまだビデオテープを現役で使われているという方も中にはいらっしゃるでしょう。

もはやVHSビデオデッキは生産終了しているため、DVDからビデオテープにダビングするのは困難がつきまといます。

ですが、ビデオデッキさえ所持していればできないわけではありません。

DVDからビデオテープへダビングする方法を紹介します。

 

DVD・VHSが一体型になったデッキを使う。

自宅で一番楽にできる方法は、DVDにとVHSが一体型になってデッキを使う方法でしょう。

ビデオテープからDVDにダビングするというのはよくあるかと思いますが、

DVDからビデオテープにダビングすることだってできるんです。

 

意外とボタン一つでできることがあったりするので、まずはマニュアルを確認してみましょう。

 

ビデオデッキとDVDデッキの二つを使う

一体型は持っていなくても、ビデオデッキとDVDデッキの双方を持っていれば、

DVDからビデオテープにダビングすることは可能です。

 

AVケーブル(赤白黃の3色コード)やS端子などのケーブルを使います。

これをDVDプレーヤーは出力に接続、ビデオデッキは入力に接続して下さい。

次にビデオデッキは外部接続に設定します。

あとは、DVDを再生し、ビデオデッキの録画を開始すれば、DVDの内容をビデオテープにダビングすることができます。

 

DVDからビデオへのダビングが本当に必要なのか検討する

現在ビデオデッキを所持していないが、それでもDVDをからビデオテープにダビングが必要という場合、まずは在庫か中古を探してビデオデッキを入手しなければならないでしょう。

それも見つからない場合は、「ビデオテープにダビングする」という目的を果たすにはやはり困難です。

 

最終手段としては、本当にビデオテープでなければいけないのか検討してみましょう。

ビデオテープが必要な方は現在中高年の方でしょう。

「新しいことが覚えられない」「パソコンは難しい」という理由でDVDデッキやパソコンを使ってみることを敬遠される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、使ってみようと挑戦することで「新しい世界が広がる」という可能性もあります。

中には、「覚えたら楽しくなったので、すっかりハマってしまった」という方もいらっしゃるでしょう。

どうしても、ビデオテープにダビングする環境が整っていないときは、「ビデオテープにダビングする」という目的事態を検討してみて下さい。

別の方法を用いれば意外となんとかなることもありますよ。

 

まとめ

いかがでしたか。

DVDからビデオテープにダビングする方法はかなり限られています。また、デッキがないことにはやはり難しいものです。

 

それでも、という方はビクターのダビングサービスに相談してみてはいかがでしょう。

いろいろ比較検討しましたが、もっともコスパもいいので、オススメです。

▼クリックして詳細を確認する▼

ビデオテープからDVDへのダビングサービスになるので、おそらくはサービス対象外になるかもしれません。

しかし、ひょっとしたらという可能性はあります。あるいはアドバイスをもらえるかもしれません。

困ったら専門家に聞くのが一番ですね!