「自宅にminDVのカセットがある。

DVDにダビングしておこうかな?」と思うことはありませんか?

 

miniDVは、それまでのビデオカメラより高画質であったことから、90年代後半より爆発的に普及しました。

 

しかし、2000年代半ばにメモリータイプのビデオカメラが販売されると、急速にシェアを失いました。

2009年度のシェアは1%、10年からはデータすらないので、現在、故障したら修理も困難であることは目に見えてます。

 

読み込めなくなる前に、DVDなどにダビングしておきたいですよね^^

では、どんな機器が必要になるのでしょうか?

 

特別必要なものはない

miniDVからDVDにダビングするには、VHSや8ミリビデオなど、他の規格でも必要な機器といっしょです。

 

必要なものは次の通り。

1.miniDVを再生できるビデオカメラまたはデッキ

2.録画(ダビング)するためのDVDレコーダー(できればHDD内蔵型)

3.両者を繋ぐためのAVケーブル

 

規格の違いによる必要なケーブル

注意点はケーブル選びです。

miniDVにはアナログ規格のDVと、デジタル規格のHDVがあります。

DVであれば赤白黄のアナログケーブル、またはデジタル接続が可能なi/Linkのケーブルを使います。

 

DVはアナログテレビとほぼ同程度の画質です。

なので、アナログ・デジタルのケーブルによる画質の違いは見られません。

比べても気づかないレベルです。

 

しかし、HDVはケーブルの違いで画質に明確な差が認識できます。

そのため、HDVであればデジタル用のケーブルを使ったほうがいいでしょう。

 

また、HDVはハイビジョン対応しています。

DVDよりもブルーレイにダビングしたほうが、画質のパフォーマンスを充分に発揮しやすいです。

 

後は繋げるだけ

miniDVのビデオカメラ(デッキ)の出力にケーブルを繋げ、ダビングをするDVDデッキ側は入力にケーブルを繋げます。

 

DVDデッキの電源を入れて外部入力に設定し、ビデオカメラの電源を入れて再生。

テレビに映像が写ることを確認したら、録画モードなどを設定し、DVDで録画をスタート。

もちろん、ビデオカメラの再生もスタートします。

 

miniDVをダビングする上で気をつけたいのは、とにかくケーブルです。

アナログのDVなのか、デジタルのHDVなのかは、しっかり確認しておきたいですね。

 

特にHDVの場合はケーブル次第で画質が違ってくるので、なるべくデジタルのケーブルを用意しておきたいところです。