ビデオのDVDダビング!デッキはどんなものが必要なのか?

おうちにあるビデオテープが劣化をして、再生できなくなる前にダビングしようと思っている方。

いざしようと思ってもどんなデッキが必要なのかわからない。

そんな方も多いのではないでしょうか?

今回は必要となる、ビデオデッキについて少し説明していきましょう。

 

VHS出力とDVD入力が必要です!

2014年に全廃

簡単に説明すると、VHSが再生できるものと、DVD録画ができるものが必要です。

しかし機器接続が必要な上、2014年にアナログ映像出入力端子は全廃しているのが事実・・・。

現在出回っているものを、購入するしかないのです

 

VHSに機能があれば劣化は抑えられる

もちろん原本のVHSの映像以上を見込むことは、どの機械でも不可能です。

さらに、DVDレコーダーとVHSを繋ぐ方法は、音声・映像の劣化が避けられないのです。

VHSに様々な機能がついていればある程度防ぐことはできるのですが・・・。

 

しかし、上記でも書いたように機械の数が少なくなってきている今、選びにくいのは確かです。

 

 

機械が苦手な方へのおすすめ

一体型が便利

やはり1番簡単な方法は、一体になっているものを購入することでしょう。

今後使用できますが、どれか一つの機能が故障すると、全て使えなくなるという危険はあります。

一体型のメリットは、1台でダビング可能なので「音声・映像の劣化が原本以上にはならない」ということでしょうか。

 

レンタルも可能

今後使用することがなく、VHSからDVDのダビングのためだけなら、レンタルも可能です。

しかし、等倍速でのダビングしかできないので、多くの時間を要することが事実です。

一体型を購入するとなると、新品で大体50,000円前後がかかります・・・。

 

購入するよりおすすめの方法

購入やレンタルをしても、お金がかかるのは周知の事実です。

同条件であるなら、楽な方がいいのではないでしょうか?

そんなときにおすすめなのが、ダビングサービスです。

 

どこに頼めばいいか?

業者に頼んだ方が、デッキを購入するよりは断然効率がいいはずです。

サイトで手続きして、ビデオテープを送付するだけです。

もっともオススメする業者は、大手サイトのビクターです。

いろいろ比較検討しましたが、もっともコスパもいいので、オススメです。

 

▼クリックして詳細を確認する▼



最後までご覧下さりありがとうございました。