自宅にある8mmビデオのテープをどうするか…。

ダビングするなら「どこの店舗に頼むのがお得なんだろう?」と悩む方もいらっしゃるのでは?

本数が多ければ多いほど、ダビング料金もばかになりません。

8mmビデオのダビングを少しでも安くするには、どこのお店がいいのでしょうか。

8mm以外にも大量のビデオテープが…

ビデオテープの規格は、8mmに限らずいろいろあります。

ダビングしたいビデオテープを探したら、案外いろんな規格のビデオテープも出てくるのではないでしょうか。

せっかくなら、8mmビデオを含め、それらを一括でダビングしてもらいたいと思うもの。

大手電気量販店なら全てに対応してくれそうなものですが…。

大手メーカーのダビングサービス

大手電気量販店と言えば、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ビックカメラなどが該当します。

会社の違いはあっても、これらの大手では店舗まで持ち込むか、機器をレンタルして自分でダビングする必要があります。

8mmビデオテープといっても、大量にあれば、意外と重かったり荷物としてもかさばります。

レンタルも暇な時間を見繕って行うしかありませんが、ダビングしたい本数があればあるほど手間がかかります。

おすすめはビクターのダビングサービス

おすすめしたいのは、同じ大手でもビクターのダビングサービスです。

ビクターなら、ネットで申し込んで、ビデオテープをダンボールに梱包してしまえばいいだけ。

8mmビデオテープの対応はもちろん、ほとんどのビデオテープの規格にも対応しています。

さらにダビングする本数が多いほど、1本あたりのダビング料はどんどん安くなります。

なので、ビクターなら手持ちのビデオテープを規格を選ぶことなくまとめて送付することができるのです。

ダビングすることのメリット

ビデオテープの映像は、思い出の映像がほとんどかもしれません。

それらをDVDにダビングしておくメリットはいくつかあります。

一つ目は、画像が劣化しないで済むこと。

アナログの磁気テープは、再生を繰り返すほど、映像が劣化してしまいます。

現在のDVDやBD規格はデジタル媒体であるため、何度再生したところで映像は劣化しません。

二つ目に、再生機器が故障しても代替が効くということ。

ビデオデッキは、現在販売が終了しているため、中古品などでしか入手する手段がありません。

こういう事情のためか、中古デッキでも高額で販売されているケースもあります。

DVDやBDなら、こういう心配がありません。

三つ目に、コンパクトで整理しやすいこと。

ビデオテープは案外かさばるし、量が多ければけっこう重かったりします^^

ダビングしてしまえばコンパクトになるので、すっきり片付けやすくなるわけです。

家に大量のビデオテープがある、思い出をいつまでもきれいに保存しておきたい…。

ビクターのダビングサービスは、そういう要望に応えてくれるサービスです。

8mmビデオテープや、他の規格のビデオテープも大量にあるならぜひ、申し込んでみてはいかがでしょうか。

▼クリックして詳細を確認する▼