ビデオダビング!DVDにセルフでダビングする方法!

今までほったらしにしてしまっていた思い出のビデオテープ。

DVDにダビングすれば省スペースになるとわかっていても、行動にうつすのはなかなかですよね?

セルフでしようと思っても、再生できる機械はもうなかったりと問題は様々です。

しかし、今回はそんな方でも解決するセルフでできるダビング方法を紹介します。

 

ビデオデッキもDVDレコーダーがある方

両方揃ってる方であればビデオコード(赤白黄ケーブル)、又はS端子コードがあればダビングが可能です。

ほとんどが手動で行うことになりますが、基本的には自宅にあるもので可能です。

DVDを購入するだけで、比較的安くダビングができる方法です。

 

DVDレコーダーがないという方

最近はHDDレコーダーが内蔵されているテレビも増えてきました。

しかも、DVDはPCで再生することも可能なことが多いです。

それに、よっていざダビングしようと思っても、DVDレコーダーがないという方もいるのでは?

 

実は、PCをお持ちなら、USB接続のビデオキャプチャーさえ購入すれば、セルフでダビングが可能です!

こちらで、まとめています。

>>ビデオをダビングしてDVDに!PCを使った方法!

 

WindowsにもMacにも対応しているものもあるので、PCのキャリアを気にすることもありません。

DVDを購入する際に、ぜひビデオキャプチャーも一緒にチェックしてみてくださいね。

 

 

もしくは、業者にお願いする

業者といっても2パターンあります。

まずは、VHS・DVD一体型レコーダーをレンタルするという方法です。

日数により値段は変動しますが、機器接続の難しさは省くことがまず可能です。

 

しかし同じネットで申し込むのであれば、もう一つの方法もご紹介させてください。

それが、ビデオテープを送るだけのダビングサービスです。

サイトで手続き後、ビデオテープを送付するだけ。

 

VHSだけではなく、様々なビデオテープに対応しています。

そして何より、カビや劣化で切れているVHSでもダビングしてくれるのです。

ダビングにかじりつく必要もないので、時間を有効に使うことができますね。

 

どこの業者がいいのか?

ダビングを請け負っている会社は、たくさんあります。

私も、いろいろリサーチをしてみた結果、やはり大手のビクターが良かったです!

▼クリックして詳細を確認する▼



思い出が詰まったビデオテープを大切にしていきたいですよね。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。